栄養価が高くて低カロリー|朝のお供にグラノーラは最適食品

ウーマン

バランスがまだ足りない

2人の女性

朝ごはんに食べる

グラノーラはオールミールを使い作られたシリアルであり最近ではご飯、パンと並ぶ朝ごはんの定番になりつつあります。グラノーラの最大のメリットはそのままでも食べることができることです。朝ごはんの支度をしなくても良く、非常食にもなります。ほとんどの商品はオールミールを甘く焼き、そこにドライフルーツやドライ野菜、大豆などが含まれています。栄養学的にグラノーラには食物繊維が大量に含まれています。1食50グラムほどで規定されていますが、それでは足らず、ついつい食べ過ぎてしまうこともよくあります。食物繊維の取り過ぎにより普段から快便の方はおならが出やすくなることもありますが、食パンを食べるより健康的であるとされています。

食べすぎ注意

グラノーラは規定量ではお腹が膨れず、ついついカロリーオーバーになってしまうこともあります。グラノーラの主栄養素は炭水化物と脂質が含まれています。しかし商品によってはたんぱく質が少ないため万能食とまではいきません。外国ではこの欠点を補うために目玉焼きなどと共に食べることも多くあります。ドライフルーツには栄養素がたくさん含まれていますが、果糖が多いため、人によっては消化不良を起こす方もいます。規定量を守っているとほとんどの方は影響ないと思います。グラノーラはそれだけでもおいしいですが、ヨーグルトやお菓子に使うこともでき料理に幅を持たせてくれます。材料も手軽に手に入るため手作りをし、糖分を気にする方にも対応できます。